ミイダスで見いだす!転職求人MIIDASインテリジェンスレビュー

MIIDASの求人転職の具体的な流れ

ミイダスの転職の具体的な流れにつてい紹介します。
最初にMIIDASで会員登録をしますが、その途中でフィット求人とフィット年収が表示されます。
ここまでの登録は、仮の登録と呼ばさせてもらいますが自分の市場価値を見ただけにすぎず「味見」しただけで、実際に転職へとは繋がりません。
真剣に転職を考えた場合、求人のオファーをもらうには、それ以降の登録が必要になり、メールアドレスや氏名など、自分を売り込む、詳細なプロフィールを入力する事が必要になります。
具体的には、これららの登録です。
ミイダスプロフィール
・・・
登録が完了したのちに、求人企業側から自分の詳細を見てオファーがあり、面接という流れになります。
ここで他の求人ツールとは違うミイダスの特徴について紹介します。

 

面接からスタート

自分のプロフィールを詳しく入力すると、企業側がこれらの内容をチェックし勝手に書類選考をしてくれます。
ここでマッチしていなければ、企業側からオファーがこないので、逆に言えばオファーがあれば書類選考をパスしたと言う事になり、面接からスタートする事ができます。
よくある例では、職安や他の求人サービスを利用した場合、自分が求人を探し、気になった企業ヘコチラ側からアプローチをするパターンが多く、大抵は書類選考からスタートします。
採用に至らなかった場合、また新たに求人を探し、履歴書、職務経歴書をその都度準備、この繰り返しになるパターンが多いですが、ミイダスを利用するとこれらの作業が短縮する事ができ、煩わしい書類を準備する事無く、面接からスタートできます。
一般的な求人を探すイメージとは少し違う点があります。
※一部例外も有り

 

求人に対して応募は出来ない

ポイント@でもお話しした通り、基本的には求人を出している企業側からのオファーがくる形になります。
ただフィット求人を調べていると「この企業に応募したい」とたい場合も出てくると思います。
この場合は、自分から企業へ応募する事が出来なく「いいね」と言う機能を利用し自分を売り込む形になります。
ミイダスいいね
この機能を使う事で、企業側の担当者ヘメッセージが送られ自分の意思が伝わるという流れになります。
そうする事でアピールした企業からオファーメールが来る可能性が高くなります。
オファーメールが来ない場合もありますが、それは書類選考で落ちと考え、お互い無駄な時間が節約できたと思えば良いでしょうし、オファーに特化したミイダスのメリットで特徴でもあります。

 

ミイダスの具体的な求人から転職するイメージにつてい紹介しました。
このように、ミイダスは合理的な採用方法を利用しておりムダな事が省かれている事が解ると思います。
普通の「求人を探し応募する」とは少し違います。

↓簡単・充実の転職ツール↓

MIDASボタン